ホーム » キャリアパスの目標は管理職

2018年8月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

    カテゴリー

    キャリアパスの目標は管理職

     システムエンジニアがキャリアパスを計画するなら、次の段階にはプロジェクトリーダーを目標にできる。開発プロジェクトには開発チームを率いる代表がいて、他のスタッフよりも強い権限と責任を有しているのだ。この職業へとキャリアアップするには、まず現状よりも高いマネジメント能力が要求されるだろう。プロジェクトリーダーになると、技術開発よりも管理職としての役割が重要性を増す。直接的に開発に関わるような機会は次第に少なくなり、一方で開発プロジェクトの上流工程の仕事を任される機会が多くなる。

     例えば、システムエンジニアも設計業務を担当するが、キャリアアップをすればさらに上の段階での設計の役割を果たすことになる。また、管理職にキャリアアップすれば、経営にもこれまで以上に深く関わるようになるため、経営学に関する知識は予め習得しておく方がいい。実際にプロジェクトリーダーへステップを踏み出すには、まずはシステムエンジニアの仕事を多くこなし、業務経験をある程度積まなければならない。その上で、開発チームを率いて仕事ができる実力を持っていることが条件となる。

     管理職のポストの数は限られているため、他のシステムエンジニアとの競争も激しい。高い目標である分、目指すだけの価値は十分にある。もしキャリアアップして管理職に就くことができれば、仕事のやりがいはこれまで以上に大きなものになり、また働いて得られる年収もアップするメリットに注目できる。